読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分らしく自由に生きる

小さい頃はいじめられっ子でコンプレックスの塊、自分の事を押し殺しがちだった僕が、鬱病になったり、家庭内別居、セッ○スレスを経験したりしながらも、自分を受け入れ、本音を大事に生きることを始め、思い込みのブロックをどんどん外していき、自分らしく楽に生きられるようになった話。

今年始まってからの大まかな流れ

新年早々、初めて会う人の家でマグロを解体する笑

 

エナジーワークの手ほどきを受ける

 

数秘術で今年の過ごし方と今後の道のりについてコンサルを受ける

 

 

やりたかったけど、色々とブロックを感じて、やっていなかった合氣道と絵を再開

無理なくのびのびと描く
自分のスタイルの絵の描き方を発見

声マネ能力開眼(笑)

武術を人に教えることがめちゃくちゃ面白いことに氣づく

自分のありのままのスタイルで描いた絵を氣に入ってもらい、自分が受け入れられるのか不安を感じながらも、買ってもらう(受け入れてもらう)嬉しさを知る。

祖母が亡くなり、生と死への氣づき深まる

怖かったが、自分の絵に本当はこの値段で買ってもらいたいという値段をつける

ネット上に自らの画廊を開設


無価値感や無力感といった
ネガティヴ感情の解放がどんどん進む

自分が現実を全て創造していて、ネガティヴに見える出来事もポジティブに見える出来事も全部自分の創った幻想だということが腑に落ち始める。

ここで自分が無限の豊かさと創造性につながることが出来、それを表現できるのに氣づく。絵の価格を¥0〜∞に設定する。

 

紙と絵の具さえあれば無限に誰かに喜んでもらえる絵を描けることに氣づき


何も道具がなくても、武術を人に教えることで、誰かに喜んでもらえることに氣づく

そして、たとえ破産しようが家が無くなろうが、あらゆるものを身ぐるみ剥がされようが、生きてさえいれば、自分の才能で好きな人達に喜びを提供することは可能だということに氣づく

ある時突然に、誰もが完璧に自分の人生を創りながら、一人一人がそれぞれに輝いていて、もう誰も救わなくてもいいし、無理に変えようとしなくていいんだということに氣づく。

これまで出会ってきた全ての人に感謝と愛情の念が湧き上がってきて、好きな人達に画廊の絵を含め、描いたそばから絵をプレゼントし始める。

与えることは失うことではなく、得ることであり、無くなることはないということが腑に落ち始める。

あらゆる商品に付けられた価格に対しての固定観念、豊かさの固定観念が崩れ始める。

あらゆる物事や体験は¥∞だということが分かってきて

どれを選んで体験し味わうかは、自由だということに氣づく


お金も含め、この世のあらゆるものは、本質的には無限に循環するエネルギーの集合体だということに氣づく

同時に、自分のこれまで歩んできた道と宇宙の意図がピタリと合わさっていることに氣づいてしまう。

無限に循環する豊かさの流れから、「お金」を息をするように欲しいだけ手に入れる方法があるのに氣づく。

武術を手段にして、個体・液体・気体と円運動、そしてそれらの無限の循環である、宇宙を表現できてしまうことに氣づく。

 

自分にとっては武術が武術であって武術でないものになった。


ジワジワと地球上で自分の表現したものが影響力を持ち始めてきた

氣づいたことをみんなとシェアしながらもっと広く深く地球で遊ぼうかな

(今ココ)

 

……えっと、僕はどこに行ってしまうんでしょうか笑笑笑笑

楽しみ過ぎる。

 

f:id:activatortohya:20170228085619j:image

 

・Mad tea party

お金と人間の不思議な話

(ゲームで自在に遊ぶヒント)

http://activatortohya.hatenablog.com/entry/2017/02/26/054420

・すぐ品切れになる画廊 tomoshibi

https://tomoshibi.handcrafted.jp